会社案内

経営理念

私達は、人、モノを活かし、
車社会に安全、安心、信頼を提供します。

事業領域(私達の仕事のフィールド)

あらゆるタイヤの空気圧管理を中心とした、
安全走行にかかわる検査・整備機器を
提供する企画開発メーカーです。

社訓(5つの誓い)

  • 1. 共生共に生き活かされる喜びを共有しよう。
  • 2. 共育共に成長する歓びを共有しよう。
  • 3. 共感共に感動し感謝する喜びを共有しよう。
  • 4. 共創共に創造していく歓びを共有しよう。
  • 5. 共福共に幸福を分かちあう歓びを共有しよう。

会社概要

商号旭産業株式会社
本社〒146-0082
東京都大田区池上1丁目22番13号
TEL 03-3751-6124
FAX 03-3754-4343
創業昭和21年4月
資本金20,000,000円
役員代表取締役 山田誉路
取締役副社長 相澤和夫
専務取締役 石田明義
取締役技術開発部長 新保和章
監査役山田肇
取引銀行さわやか信用金庫 大森中央支店
日本政策金融公庫
従業員20名
主な製造品目タイヤゲージ、エアーチャック、クイックチャック、タイヤゲージ&デプスゲージ、エアーインフレーター、デジタルタイヤゲージ、その他応用機器、ヒートリペアキット
加盟団体(社)日本自動車機械器具工業会
東京商工会議所
東京都計量協会
大森法人会
大森工場協会

沿革

昭和21年4月仁多見一により大田区池上にて創業
昭和24年4月合資会社旭産業を資本金1500万円にて設立
昭和24年12月通産省優良自動車部品A級認定
昭和29年4月第一回全国自動車ショーに参加
昭和35年7月防衛庁銘柄指定認可を受ける
昭和44年5月第一回日本オートサービスショーに参加
昭和53年3月マスタータイヤゲージMT-5,MT-20を発売、特許申請
昭和55年7月国内初、可搬式エアースペーサーSP-200を発売
昭和56年3月エアーチャックタイヤゲージ6Eシリーズを発売
昭和60年6月エアースペーサーモデルチェンジSP-300を発売
平成3年11月イギリスPCL社へOEM生産依頼、エアーステーションST-100を発売
平成8年10月ゲージボタルを発売
平成14年11月ダイヤル型タイヤゲージAD-200シリーズを発売
平成16年3月新型エアースペーサーSP-110を発売
平成18年4月エアゲージ精度チェッカーSC-10を発売
平成19年4月エアゲージ精度チェッカー普及版SC-50を発売
平成20年5月新型マスタータイヤゲージMTS-5,MTS-15を発売
平成20年8月4月7日を「タイヤゲージの日」として日本記念日協会に登録
平成21年6月ワンタッチ方式のエアーチャック、ソケットチャックを発売
平成21年8月ダイヤル型タイヤゲージAD-300シリーズを発売
平成22年5月大型車の新ISO方式ホイールに対応タイヤゲージAG-ISOを発売、特許申請
平成22年6月キャップドライバーCD-55Lを発売、特許申請
平成22年8月デジタルタイヤゲージdPG-50を発売
平成28年9月充てん完了お知らせ機能付きTBインフレーターTB-5CAを発売、特許申請
令和2年2月新型ゲージボタルEXを発売
令和2年10月遠隔自動TBインフレーターTB-4APを発売
令和2年11月新型エアゲージ精度チェッカーSC-70を発売
令和3年3月ワンタッチ方式の最小径エアーチャック、細口ソケットチャックC-F48を発売

アクセスマップ